バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パームオイルとオムレツ
Dakar, le 16/03/2007
▼「パームオイル」別名「椰子(ヤシ)油。
parm-oil.jpg

先日ご紹介した、セネガルのおかゆ版バハル
これを少々かけながら食べてもおいしい。

さて、この油でつくる代表的なセネガル料理には、「スープ・カンジャ」がある。
(ごめんなさい、写真は次回に持ち越し)

カンジャとは、あの日本でもお馴染みのオクラで、このスープ・ドゥ・カンジャは、
このオクラをよ~く煮込んで粘り気を出し、牛肉や魚、さらに、アサリやえび等の魚介類、それに、「コン・フューメ」といって、見かけはおひげが2本生えていて、少し、ふぐみたいな「コン」という魚の燻製をいれたスープというか、ソースを白いご飯にかけて食す。

たぶん、魚介類が好きで、「ダシ」が「いい香り」と感じる日本人には、
あう味だと思う。おいしいソースができた暁には、胃に穴があいているかと思うほど、食が進む。

さて、スープ・ドゥ・カンジャのポイントは、この「コン・フューメ」の香りと、
そして、パームオイルの香り、とは、シェフ管理人の持論。
これらの香りなくしては、スープ・ドゥ・カンジャとは言わず、というほど重要な役割を果たす。

上の写真のHuile de Palme パームオイルはダカールで買った。

と、偶然、カザマス土産に▼パームオイルをいただいた。
20070314002933.jpg
▲写真では、わかりにくいが、先の写真は、ややオレンジがかっている。
これは、さすが、原産地だけあって、赤の色が強く、鮮やかで、香りももっと強い。

さて、先日12年ぶりにセネガルへ来たという、日本人の友人から教わった話だけど、これが精製されて透明なヤシ油が、ここダカールの大きなスーパーにあるそうな。

これで、オムレツを作ると、なんとも、かとも、いい香りがして、美味だそうじゃ。(昔話風になってきたぞ~)

もし、日本でこの精製されたパームオイル(ヤシオイル)を見つけたなら、
ぜひ、お試しを! 
そして、コメントくださいね♪




スポンサーサイト





この記事のURL | 料理・お菓子・飲み物 | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。