バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
セネガルの現況 2月21日
Dakar, le 22/02/2012
普段は、温暖な、そして、民主主義が定着していると評判のセネガルだけど、
今回は、権力の暴力に、民衆、特に若者が怒っている。

セネガルでは、憲法で3期目は出馬できない、と決められている。
それを、憲法評議会の委員に高級車をプレゼントし、給料も5倍以上にし、
半ば、買収にあたる行為で、憲法に違反でない、と発表させ、
ゴリ押しで、3期目出馬表明した。

それに対し、M23(ムーブメントのMと、憲法改悪を食い止めた日6月23日の23)が、
大規模な反対デモを行なっている。

それに加え、政治家団体でなく、ラッパーを中心とする若者グループ Y'en a marre ヤンナマール(ウォルフ語で、あなたには、疲れた。→大統領よ、あなたに疲れた)も反対抗議を活発にしている。

それに、火を注いだのは、先週、金曜だったか、木曜だったか、機動隊の一人が、
モスクのお祈りをする場所に、催涙弾を投げ込んだことだ。
って、いうか、投げ込んでしまった、とたぶん、本人・・・。

ここでは、モスクは、各国大使館と同じように、治外法権の場所。

神聖なお祈りの場所に、催涙弾を投げ込むとは、なんたることと、
信者たちが激しい抗議デモが各地で勃発。

セネガルには、大きく分けて、2つのイスラムの宗派があり、
運悪く?催涙弾が入ってしまったのは、大統領とは違う宗派。

催涙弾を受けてしまった宗派の指導者が、皆、少し落ち着いて、
とアナウンスしても、いいや、アブライ・ワッドが出馬を取り消すまで、
や・め・な・い、と燃えている。

もともと、セネガルは、宗教に寛容な国民性で、
初代大統領はクリスチャンで問題なかったし、
2代目は、イスラムだけど、どちらの宗派に属するかは、
個人の問題として、特に公表しなかったのに、

このアブライ・ワッドにいたり、公然と自分の指示する宗派を援助したり、
指導者を訪れているところをテレビで放映したり、

現政権に反対する政治犯がクリスチャンで、
聖堂で大きなミサを行なっている際に、聖堂まで入り込んで逮捕したりと、
公の立場でありながら、一方の宗派にばかり肩入れしたり、
神聖なところを尊敬しなかったり、とそういったことへの鬱憤も募っていたみたい。

また、第1、2代大統領は、家族や息子を政権に引き込んだことはなかったけれど、
このアブライは、自分の息子を巻き込み、息子、というだけで、5つの大臣を兼任させて、
その上、新空港建設等の重要ポストも任せる、といった目にあまる行為が目立つ。

しかも、この息子、ウォルフ語が話せない。

この平和なセネガル。
独立も無血でし、政権交代もなんら問題なくした民主主義としての国家を建設しているのに、
大統領が自らが、平然と憲法を犯していることへ、
そして、この国は、アブライとその息子のためにあるのではない!と、世間が盛り上がっている。

近日中に、ナイジェリアの元大統領・オバサンジョがセネガルに、
アブライと話しあいにくるそうだとか。

このオバサンジョが、やはり、むりやり第3期に出馬表明とし、
今のセネガルと同じように混乱した際、
それを止めに飛んだのは、セネガルの現大統領アブライ・ワッドだったそうだ。

そして、出馬を断念。

この間のカダフィの混乱の際も、フランスの飛行機で、
代表でカダフィと話しに飛んだのも、アブライ・ワッド。

なのに、自分のこととなると、見えなくなるのは、人間の常?

アフリカ全部が、このセネガルの混乱に心を痛めていて、
この平和な国の混乱が他の国へ影響することを懸念している。

ところで、昨年の6月23日の憲法改悪とは、
現憲法では、大統領にもしものことがあった際は、
大臣が暫定政権をひきつぐこととなっている。

それを、副大統領(現憲法では副大統領はいない)に引継ぎ、
しかも、この副大統領は、大統領が指名できる、というふうに憲法を改悪しようとしたのに、
抗議し、食い止めたもの。 

なぜ、改悪?

つまり、アブライ・ワッドの企みは、自分が大統領に再選されたあと、
自分の息子を副大統領に指名し、
大統領の座を息子に譲ると言う、見え見えのもの。

アブライ・ワッドは既に92才と、だいぶ高齢。
だけど、2期の在任中、息子も含め、懐をだいぶ肥やしたから、
憲法を犯してでも大統領にならないと、息子は、確実に裁判にかけられるは、必須。

また、ユースンドゥは、出馬を認める委員会が、ユースンの書類に不備があったとして、
出馬そのものを却下。

出馬の条件の中に、事前に13000名分の署名を集めるとあり、
この内、4000名だったか無効である、よって、13000に満たず、というのが理由だった。

こじつけもいいとこで、この件でも、アブライへの怒りがたまっている。
これこそ、権力の暴力だ。

今日も、午後、各地で抗議デモ。 
アブライ・ワッドが出馬を取り消すまで、続くかな・・。

一応投票日は26日となっているけれど、それも、どうなるか、現況では?。

あんな馬鹿親子にセネガルを取られてたまるか===、と鼻息あらく、応援している( ^ω^)
スポンサーサイト





この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。