バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
圧巻だった和太鼓とセネガル太鼓の合同セッション
Dakar, le 12/12/2006
とにかく圧巻~だった。

日本大使館主催で、日本から和太鼓の兄弟ユニット「は・や・と」のはじめてのアフリカ公演が行われた。

イケメン(こんな軽い言葉を使うのにためらいがあるけど・・)の3兄弟による演奏は、それぞれ音色こそ違えど、同一楽器でこんなにもバラエティーにとんだ音色を楽しめるものかと、とにかく圧巻だった。

会場のアフリカ人をはじめとする外人さんたちも、身を乗りだして聞き入っていて、最後はスタンディングオベージョンで、拍手喝さい。


次に、わがセネガルの人間国宝、太鼓奏者「Doudou Ndiaye Rose」率いる太鼓軍団登場。

日本でも2006年7月にコンサートを行っている、世界的に有名なセネガル太鼓の第一人者だ。 CDもでているから、ぜひ、視聴してみて。

こちらも、違う表現が見つからないのだけど、息を呑む演奏。

途中、アナログ的(セネガル的でない)ダンスを交えていた。
多分世界を公演しているので、新趣向を取り入れているのだろう。

そして、フィナーレは、和太鼓とセネガル太鼓との合同セッション。

これまた、圧巻x100(本当に語彙が少なくてごめんなさい)で、
太鼓だけで、西洋のオーケストア顔負けの音楽の世界を作り出せることに、
ただ、ただ驚き!
リズムの取り方がやや異なるところをうまく、融合させて、壮大な演奏となった。

ま~、機会があれば、ぜひぜひコンサートやCDを聴いてね。

「は・や・と」のHPは、こちら


こちらは、英語だけど、Doudou N'diaye Roseの写真があります。
次回、日本公演があれば、ぜひ、チケットを! お見逃しなく!


←「はやと」ではありませんが、
和太鼓とアフリカンのセッションのCDを見つけました。 
私が体験した演奏同様、どっぷり「浸れる」と思います。










 ←セネガル太鼓の視聴















スポンサーサイト





この記事のURL | 音楽・教育 | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。