バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
やっぱりすごい「折り紙」って!
Dakar, le 25/11/2006
ここダカールにも英語圏から赴任される家族もたくさんいる。

アメリカ然り、アフリカ大陸内の英語圏、また、アジアからは日本を始め、中国、香港等。 最終的に、英語かフランス語か、どちらの学校に通わせるかは、その家族の考えによる。日本人の方は、幼稚園はフランス語系でも、小学生やそれ以上になると英語系の学校を選択されるようだ。

さて、ダカールには、大きな「英語」の学校が2校ある。
International School in Dakar 通称ISDと
Dakar Academy 通称DA

そのDAで、低学年相手に、図画図工の臨時教師をしているアメリカ人の
キャリーのクラスで、「折り紙」のデモンストレーションのお手伝いをすることになった。

ご主人が日本人で、日本にも5年程滞在していたキャリーは、
DAのインターナショナル週間で、日本の折り紙を思いついたらしい。
といっても、キャリーご本人は折り紙を折れなくて、そこで助っ人をかってでた。

子供がいなければ、または、特に興味がなければ、気にもかけないだろう「折り紙」。ヘルプをかって出たものの、定番の「鶴」ぐらいは折れても、他は薄ら覚えでこんなのあったな~、程度。

さっそく、折り紙の本(これも子供がいたからこそ、日本から持参)の中から、子供たちに喜ばれそうで、簡単なものを物色する。

ふうせん、恐竜、船、レーシングカー、亀、カメラ、指輪、小物入れ、お財布、パトカー、ヨット、キリンにパンダ、シュリケン、季節物ではお雛様にサンタクロース。

ずいぶん種類があるものだ、折り紙も「進化」しているらしい。
そういえば、友人のご主人の両親が、日本の折り紙協会の会長をされていて、その影響で、そのご主人も「新作」をいつも考えている、といっていた。小学生対象の月刊誌に折り紙コーナーで、登場していたこともって、確かに、おうちに伺うと、なにやら折が複雑な、紙の「動物」たちが並んでいた覚えがある。

さて、結局、鶴とふうせんを選び、子供たちがみやすいように、
30cm四方の大きな紙で、試作品を作った。
そして、こんなのもできるんだぞ~、ということで、恐竜にも挑戦。
私も、作りながら、「よく考えるもんだな~」と感心。


そして、頭の中で、説明をデモしてみる・・・。
私も、かなりリキがはいっている。


いよいよ当日。
キャリーが、きょうは、特別ゲストをお迎えしています。・・・
日本の「折り紙」Paper Artで・・・と、説明後、
自己紹介し、さっそく各自に紙を配り、折りはじめる。

はじめに、ふうせん。
ま~るく膨らんだ完成品を見せ、「それでは作ってみましょうね」と、
この完成品を開くと、確かに「1枚の紙」。
子供たちは、まるでマジックを見たかのように「ワ~オ!」と歓声。

こういう声を聞くと、こちらも盛り上がる。
な~んだこれだけ、なんてしらけないかな~との心配も吹き飛んだ。

さて、1ステップずつ、「きちんと端と端を折らないと最後に形にならないわよ~」と手を貸しながら、折りこんでいく・・・。

「ミチヨ セ・ン・セ・イ、紙は色がついているほうを上にするの?」
となかなかいい質問もでる・・・・。


さて、悪戦苦闘しながらも、折り終わった。

さ~、ここの穴から空気を入れてみて~、と息を入れると、
いままで平面だったものが、膨らんで立体になる。

より大きな歓声があちらこちらから上がる! 
こちらも嬉しくなる。


たった一枚の紙が、いろいろ変化する折り紙。
まさに、「芸術」だ

しかも、たった一枚の紙で、「すご~い人」になってしまう!warai.gif

まさに、折り紙は、日本が誇る?(香港や韓国の生徒も知っていたから、アジアが誇る?)(岡本太郎風に、目を丸くむき出して?)「ゲイジュツ」である!






【PR】楽天の売れ筋商品は、ランキング市場でチェック!




スポンサーサイト





この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。