バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
子供の想像力
Dakar, le 17/05/2008
東京おもちゃ美術館の多田千尋館長が、
どこかでお話されていることが、記憶に残っている。

読み聞かせは、イマジネーション(想像力)の離乳食であり、
「子どもは同じ本でも、全く新しい感動を見いだせる、いわば“繰り返しを楽しむ天才”」だと。

我が坊ちゃま。
日本を離れた時にもってきた「日本昔話」シリーズが、何冊かある。

こんなにいろいろお話があるのに、
眠るときにリクエストする昔話は、大体きまっている。

読みながら、めんどくさくなって適当にとばすと、
「ママ、抜けてるよ」と指摘するほど読み込んでいるのに、同じ話をねだる。

多田さんの言葉を借りれば、まさに、「繰り返しを楽しむ天才」である。


さて、今晩は、♪まさかりかついだ♪金太郎。

小さいときから力持ち。 森の動物たちと、すもうや川遊び。
気は優しくて、力持ち。

あるとき、嵐で橋がとばされて向こう岸へ渡れなくなった川に、
木を倒して、橋をかけようとするシーンがある。
金太郎が力いっぱい踏ん張って、木を押している。

「う~ん、う~ん」 


「ママ~、今日いっぱいウンチでたよ」と、寝ぼけ声で話す我が坊ちゃま。

突然のトンチンカンなコメントに、???


「う~ん、う~ん」

この掛け声に、とんでもないほうへ、想像力が飛んでいった、我が坊ちゃま。
汚いオチで、たいへん失礼しました マリオ?
スポンサーサイト





この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。