バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パリ・ダカールの痛手
Dakar, le 13/01/2008
既にご承知のように、本来なら、
年始の1月5日から20日に予定されていた
リスボン~ダカールの2008年のダカール・ラリーは、
出発前日の4日、急遽中止された。

「パリ・ダカ」と呼んだほうがなじみがある、このラリーは、
いまやパリから出発することがないながらも、
ゴールはダカール(セネガルの首都よ!)と
いつも変わらないことから、
ダカール・ラリーと呼ばれるようになる。

さて、国際情勢の緊張の続く中、
去る2007年12月24日、モリタニアで、
フランス人ツーリスト4名が殺される事件が起こった。

マグレブ圏のアル・カイダの一派がかかわっているとされ、
事件現場が大会コース上であるため、
テロリストに対しての妥当な解決策がとれないと、
判断され、大会が急遽中止された。

主催者にとっては、1年をかけて準備してきたすべてが、
テロによって、無に帰することなる。

ポルトガル・モロッコ・モリタニア・セネガルと、
中止によって、多大な経済的影響を考えると、
耐え難い中止の決定だったと思う。

しかし、最終的には、参加者の安全には変えられず、
「全面中止」という30年の歴史のなかで、
初めての出来事となった。

その日、セネガルでもダカールのみならず、
ダカール郊外の避暑地を含むホテル、観光地、レストラン等、衝撃が走った。

特に、このラリーが、唯一の大きな収入源となる、
ラック・ローズ地域では、そのショックは、
相当のものだと思う。

かくいう我が家も、小額ながらも、
期待していた収入が、消えちゃった・・・。
(-.-;) クション


政治的なことは、詳しいほうでないけど、
一庶民として、願うことは、
やっぱり普通に暮らせる平和な世界。

普通のことを普通に楽しめる世界に戻ってほしいな。

どうか、来年は、無事に開催されますよ~に (*^o^*)


さて、どうしてもあきらめられない人は、
こちらを、お楽しみくださいマセ。

スポンサーサイト





この記事のURL | サッカー・相撲・スポーツ | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。