バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
とうとう・・・
Dakar, le 02/11/2007
昨年末より、始まったフランス・パンの値上がり騒動。
いったんは、価格据え置きで落ち着いたが、
とうとう上がった。

こちらを先に読んで、こちらへ戻るとより
事情がわかります。

小麦粉の値段の高尚により、
パン屋としても、値段の抑えようがない。

たかがパン屋のフランスパンの値上がりではなく、
伝統的な値段が崩れ、
時代が変わったような印象がある値上がりだ。

日本でいえば、
政府が介入(今もしてたかしら?)している米の値段が
上がったような感じ?

結局、どうなったかというと、
1本150cfaだったのが、200cfaになった。

今まで、1本の半分が75cfa、
3分の1を50cfaで
切り売りされていたのが、

結局、1本200cfaと、
半分の100cfaのみの販売となった。

3等分の販売が消滅した・・・。

家族が多いと、毎朝・毎晩の出費が大幅に増える。
逆に、家族が少なければ、無駄が多くなる。

ガスの値上がり、ミルクの値上がりと
庶民の基本的な生活をささえるものの値段が、
一挙に値上がる。

益々、財布の紐がきつくなり、
市場でも、「ワーニ・トゥ-チ・レック」
少し、負けてよ、と発することが多くなった私です。アイコン名を入力してください


こちらを先に読んで、こちらへ戻るとより
事情がわかります。
スポンサーサイト





この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。