バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウンミの寿退社
Dakar, le 21/04/2011
丸3年我が家で住み込みで働いていてくれたお手伝いのウンミちゃんが、めでたく寿退職?した。
私の気持ちを、よく、汲み取ってくれるとても賢い女性だった。
きっといい家庭を築くに違いない。

そんなウンミちゃんに、気持ちばかりの退職金と、
新しいセネガル服を作る生地と、
最後の日に、お持ち帰りのケーキを焼いた。

本当は、生クリームたっぷりのケーキにしたかったけど、
暑さでクリームがゆるくなってしまうから、
チョコレート味のシフォンケーキにした。

自分でもびっくりするくらいきれいに焼けた。ほっ。

ウンミちゃんが大好きだった我が家の坊ちゃまは、
ウンミの赤ちゃんが生まれたら、
僕の大切な熊のぷーさんのぬいぐるみをあげるんだ、と気の早いことを言っている。

でも、こんな日がくるのも、案外あっという間かもしれない。

おめでと、そしてありがと。ウンミ。

umi cake





スポンサーサイト
この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
アフリカン・テイストのDSケース
Dakar, le 14/04/2011
子供のDSケースを、手縫いで作ってみた。

セネガルの国旗の色に彩られたアフリカ大陸と、踊るアフリカンの模様に、
ウレタンのクッション付の生地で、
2台分のDSの収納と、ゲームのカセット入れのうちポケットをつけた。

本体は、2本のチェックで開き、さらに、サイドにマジックテープもつけた。

カセット用のうちポケットも、マジックテープで開け閉めできる。

わが坊ちゃまの名前も刺繍して、手作りらしく?エビツなのがかわいい。
(と、思っているのは、自己満足?)

ままの愛情たっぷりのDSケースに、まんざらでもなさそうに、
今日もわが坊ちゃまは、ケースを握り締めながら、遊びに出かけていった。

DScase

Dscase inside





この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
いちごジャムのタルト・超簡単レシピ
Dakar, le 07/04/2011
あまり手がつけられずに冷蔵庫に残っていたいちごジャム。

そんなとき、読売新聞の夕刊で紹介されていた、
ヤミーさんの、イタリアのジャムタルト、クロスタータを見つけた。

ボールひとつで作れる手軽さと、
なんといってもイチゴジャムをよりおいしく食べれそうで、さっそく作ってみた。

材料も少なく、簡単で、
ヤミーさんのレシピでは、オーブントースターで焼くことになっているけど、
ちょこっと本格的にパイの型に入れて、ガスのオーブンレンジで焼いてみた。

お・い・し・い========!!!

jichigo jum

いちごジャムに、レモン汁とレモンの皮のすりおろしを混ぜることで、
甘酸っぱいママレードみたいな、なんと言ったらいいのか、
大人のジャムとでもいうか、なんともおいしい味になる。

わが坊ちゃまには、少しすっぱいかなと思ったけれど、
思わずペロッと平らげてしまった。

いかにも手がこんでいそうな、おいしい焼き菓子ができて、
今日は、ママのポイント・アップでした♪

ヤミーさん、ありがと。

● 材料 ●

・加塩バター → マーガリンだともっとあっさりした 50g
・薄力粉 150g  
・グラニュー糖 ヤミーさんは100g→ 90gに減らしてみた。
・卵 1個   ・いちごジャム 4分の1カップ(50g)  
・レモン汁 大さじ1杯  ・レモンの皮のすりおろし 2分の1個

● 作り方 ●

① バターを溶かす
② ボウルに薄力粉とグラニュー糖を入れて混ぜる。
③ 溶かしバターと卵を加え、粉っぽいところがなくなるまで混ぜる。

④ クッキングシートに③の生地を延ばす。
⑤ ジャムにレモン汁、レモンの皮のすりおろしを混ぜ、④の生地に塗る。

⑥ 残りの生地をひも状に延ばし、ジャムの上に格子状に載せる。
⑦ あたためておいたオーブンで、約15分、焼き色がつくまで焼く。


ヤミーさんのブログ















この記事のURL | 料理・お菓子・飲み物 | ▲ top
卒業のバラ
Dakar, le 01/04/2011
日本にいれば、この3月に小学校を卒業式に参加するはずのわが坊ちゃま。

入学式も特別になかったダカールの学校で、
卒業式さえも経験せず、ちょこっと悲しい気分だったのは親のほう。

でも、昨年の10月から再開されたダカール日本人補習校で、
思わず、「卒業式」を執り行っていただいた。

ROSE
卒業証書もきちんと
日本式に用意され、

バラの花まで気遣いいただき、
感謝の思いだったのは、
本人はもちろん、親のほう。

この記念のバラをすっ====っと、
とっておきたくて、
ドライフラワーにしている。

小学6年生は、たったの2人だったけど、
思いのこもった卒業式を
企画していただいた皆様に
感謝したい。










この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。