バオバブ・オイル、カルティエ、 Cartier
スポンサーサイト
Dakar, le --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
made in Senegal の車
Dakar, le 29/03/2007
2週間ほど前だったか、ニュースで、イランの援助だか、イランの国の法人だか、
セネガルに、車の工場を建設する、と発表があったそうな。

詳細は、よくわからないけれど、大量の雇用が期待できる。

それに、なんてたって、「メイド イン セネガル」の車だよ!

でも、ほんとかな?





【PR】
ネットオークションに最適!資金不要・在庫不要・知識不要で粗利益94%の副収入!実証!
ネットオークション即戦戦略マニュアル【改訂版】





スポンサーサイト
この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
にぎわいをみせる相撲
Dakar, le 28/03/2007
毎週週末ともなると、相撲がにぎわいを見せている。

セネガル相撲は、以前は、村の中での、娯楽のひとつだった。
今では、出場停止のタイソンでも、お伝えしたように、多額な賞金を稼げるスポーツとして盛んだ。

セネガルといえば、サッカーだけど、ご存知のようにサッカーは、自分でいくら、
オレは、いい選手だ~、とリキんだところで、「お声」がかからないと、稼げない。

しかし、相撲は自分の努力しだいで、可能性があるし、もっと身近で、副業できる。

さて、取り組みの力士の写真は、元祖「ばんざい★セネガル」のHPセネガル相撲等で、ご紹介しているが、今回は「土俵入り」の様子をお楽しみください。

◎今日の取り組み紹介~
▼皆、結構「筋トレ」やってるから、マッチョです
sumo0.jpg

▼取り巻きやら、お弟子さん引き連れ、アフリカン太鼓「タムタム」のリズムにのって、踊りながら登場! この独特なリズムを「お見せ」できないのが、本当に残念!
sumo1.jpg
sumo2.jpg

▼こちらも負けずに、大勢で登場。
各部族によって、この踊りも違うようです
sumo5.jpg
sumo3.jpg

▼こんな人もいました
sumo4.jpg
sumo-dance.jpg

▼勝利の祈りは、牛乳をかけて・・・
sumo-inori.jpg

▼盛り上がったところで、対決!
sumo6.jpg

さて、どちらに軍パイがあがったでしょうか~ ⇒ranking


●ケニアからのブログ ⇒人気ブログランキング







この記事のURL | サッカー・相撲・スポーツ | ▲ top
ロゴ完成!
Dakar, le 27/03/2007
マンモス・メルマガサイト「まぐまぐ」の申し出で作成された
ばんざい★セネガルのタイトル入りロゴが完成しました!

じゃじゃ~~ん!

00160170a.gif


yubitate_goo_keitai.gifこれを励みに、「セネガルのとりこにする」サイトの運営に精をだしまする。

saru-ball.gifこれからもどうぞ、よろしくお願いします。






この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
やっぱり幸先いいらしい~
Dakar, le 27/03/2007
「人が人を呼ぶ」の中にでてきた、昼もはじめた「レストラン」。

やっぱり、繁盛してるらしい。

屋根や壁を「改装」し、外から見えないように、カーテンで仕切った。

【改装】前
resutaurant.jpg

【改装】後
restran.jpg

これだけ「投資」する価値があるらしい・・・。

本気で考えなくては、ここでの「起業」・・・ウ~ン。
何か、ないかな~、ご意見募集中!!

















この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
超簡単ピザ
Dakar, le 26/03/2007
いつだったか、どこかのページに、ガソリンスタンド兼ファーストフード店での写真を載せた。 1つで、結構おなかを満たす大きなハンバーガーや、フライドチキンやピザもある。ビールやワインも売られている。

さて、ピザを何回か家で作ったけれど、教わったレシピは、「発酵」が必要で、
手間隙かけるのが苦手なわたしには、これが結構めんどう。

そこで、発行ナシの超簡単ピザを「発明」した!
生地がカリカリのクリスピータイプ。
フライパンでできる簡単ピザです。

以下、レシピ(直径23cmのフライパン1枚分)

●ピザの生地用
・小麦粉 
 セネガルなら、黄色の紙の袋のパティシエ用のもの
 日本なら、普段使っているものでいいと思われます。
 *ここの小麦粉と日本のそれとは、若干粘り気の強度が違うように
 思われるので、日本では強力粉を若干まぜてもいいかも・・。
・塩 少々
・砂糖少々
・オリーブオイル(なければ、普通のサラダオイルでもOK) 
 大さじ(または、大きなスプーン)2杯
・ぬるま湯80~100cc

1)これらをよく混ぜ、耳タブほどの柔らかさになるまで、水を加減しながら、手につかなくなるまで、こねる。万が一、ベタベタしすぎたら、小麦粉を少々表面につけながら、ぺたぺたしていると、手につかなくなります。

2)手につかなくなったら、丸めて、サランラップに包んで、1時間ほどおきます。

3)テフロン加工されたフライパンに、この生地をのばします。
破れない程度に、なるべく薄くするのが、コツです。

4)▼トマトソースをひき、お好きな具をのせます。
本日は、ソーセージ、ゆで卵、コーン、サーーディーンです。
上から、オリーブオイルをかけました。

▼写真をクリック
20070319030213.jpg

5)▼ふたをして、弱火で15~20分。
pizza.jpg
20070319030342.jpg

チーズのとろけるいい香りがしてきて、出来上がり!
これなら、トマトソースを作り置きしておけば、いつでも簡単にクリスピータイプのピザができます。

と、出来上がり写真をとる前に、(恒例のごとく?)餓鬼界強くて、
気づいたときは、おなかの中へ・・・。

ふたを開けた時の、とろ~りとろけたチーズの様子は、
ご自分でご確認くださ~い。

では、ボナプチ! 


▼ワンクリックしていただけると、このサッカーボーイが喜びます
soccer_wrifting_br2.gif
ポチッとクリック⇒人気ブログランキング








この記事のURL | 料理・お菓子・飲み物 | ▲ top
アフリカンカップ予選 タンザニア戦
Dakar, le 26/03/2007
エジプトで開催され、エジプトが優勝した2006年のアフリカンカップ。
来年2008年にガーナでの開催にむけて、既に、7組にグループ分けされ、
予選トーナメントが始まっている。

3月25日土曜日の夕方から始まった、セネガル対タンザニア戦。
前半終わり間際に、セネガルが先制点。後半始まって20秒で、追加点。さらに、それから、2分後に3点目。結局、4対0で、気持ちよ~く、セネガルの快勝!

というわけで、穏やかな眠りにつくことができました~。





この記事のURL | サッカー・相撲・スポーツ | ▲ top
あ~、芸術
Dakar, le 25/03/2007
martha2.jpg

いつも週末に飲みに行く、レストランバーにかけられている抽象画。

作者のマーサ(Martha Varela)は、40台半ばの気さくな女性。

国際展覧会にも、数多く出品していて、現在は、中国での出展の交渉中だとか。

セネガルには、結構こうした芸術家が多く存在するし、
Ecole Nationale des Arts 国立芸術学校もある。 学校の様子は、こちら

と、この写真を撮ったのが、3ヶ月ぐらい前で、はて・・・?上はどっちだったかな??? これが、抽象画のいいところ?

とりあえず、こんな感じで掲載しました、ハイ。

タッチがお気に召した方は、他の絵もご紹介します。
お値段は、お友達価格にしておくからね。
と、ご本人に成り代っての営業でした。













この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
カルシウムたっぷりブイ・ジュース
Dakar, le 24/03/2007
▼セネガルの象徴の木「バオバブ」の実、ブイ。
bui2.jpg
これで作るジュースには、カルシウムがた~っぷりだと、ラジオで聞いた、わがご主人様。これまた、た~~っぷりとブイを買ってきた。

さっそく、手作り天然ジュース作り開始~。
1) 1度洗い流し、しばらく水に浸して、中の種を取り除く。
bui3.jpg

2)種を取り除いて、きれいにこし、好みでお砂糖を加える。
今回は、さらに、コンデンスミルクを加えた。
日本の乳酸菌飲料「マミー」のようでおいしい。
ちなみに、セネガル人に作ってもらうと、かなり甘くなるので、ご注意!

▼写真をクリック
bui4.jpg

さて、これに、ビサップをいれてもおいしい。
見た目も、ピンク色で、きれい♪
これらの出来上がり写真と、バオバブを知らない人は、
こちら

これまた、日本で、このブイが入手できれば、ぜひ、お試しを!⇒ranking


●モロッコからのブログ ⇒人気ブログランキング











この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
人が人を呼ぶ
Dakar, le 22/03/2007
ここに2年前に引越ししたときは、この通りには、「ブティック」が1件(真ん中で薄いブルーのひさしをだしている小屋?)と
野菜売りのテーブルが2台だけだった。

こんな感じだったの

左の白いカウンターは、肉売りで、時々しか売りに来なかった。

boutique.jpg

▲それが、今では、この肉やは、毎日商売やって、昼だけでなく、夜もディビという、
肉の炭焼き屋を始めた。(これが、なかなか美味でござる!)

と、宝くじや競券売り(PMU)ができ、そのとなりに、朝夕だけフランスパンを売るブティックができ、と、2、3日前に、これから始めるらしい白い小屋(写真一番右)を「運んで」きた。すでに、どこかで組み立てられたプレハブ・ショップだ。

その後ろの小屋は、3ヶ月ほど前に「引越し」してきた床屋だ。

これらの人々は、多分、誰も、ここは誰の土地だか知らず、でも、ここは商売になりそうだ、と思って、「起業」する。

万が一、立ち退きを言い渡されても、「ホイッサ」と、この小屋をこのまま馬の荷車に
のせて、別の場所に移動するだけだ。こんな気軽な起業はない。

ということで、今では、ちょっとした「商店街」になりつつある。
でも、この競合相手とも、うまく共存して、助け合う。

たとえば、この新しいブティックが、ジャガイモの量り売りで、まだ、ハカリが店頭に
ないとしたら、先発組みの水色のブティックで、測らせてもらう。測るほうも、測らせるほうもお互い様って感じ。

こうして、学校が近いことや、下水管や道路工事のために、人が集まってきて、
人が人を呼んで、「商店街」が発達している。

と、またまた、新店舗出現。
パンとコーヒーまたは、ミルクを出す、朝だけ営業の「カフェ・レストラン」
小さなガスを、持ち運びで、卵焼きもできる。


、今度は、お昼もはじめた。
resutaurant.jpg
今日は初日だから、まだ、知名度がない。客待ち・・・。


わたしも、週末限定の、ガレージセールでもやろう~かな、と起業?を考案中
(なんてね!)







この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
巨大ヘビ?の出現!
Dakar, le 20/03/2007
kan3.jpg
▲直径1mもある下水管の工事が始まったようだ。

これは、中国の援助によるプロジェクトで、夏の雨季に備えて対策だ。
下水道がうまく完備されていないダカール市内は、雨季になると、水の行き場がなくて、洪水状態になる。とくに、近年は、ビルや家が立ち並び、コンクリートの部分がふえて、益々、水が浸透する場所がなくて、毎年、ニュースで取り上げられほど、大きな被害となる。

これらの下水管は、ここからすぐそばの海まで、ず~っと並べられ、あとで、土中に埋められるらしい。
kan4.jpg
kan5.jpg
kan6.jpg
kan.jpg
▲行き先はばむトラックを、ブルトーザーが、後方へ引っ張りあげる。
砂地だから、トラックのタイヤが食い込んでしまう・・・。

kan1.jpg
kan2.jpg
kan9.jpg
写真左の方向へ、ず~~と、行くと、そこは、海。

はて、この下水管は、汚水も流すのだろうか?

ふと不安がよぎる・・・・。









この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
パームオイルとオムレツ
Dakar, le 16/03/2007
▼「パームオイル」別名「椰子(ヤシ)油。
parm-oil.jpg

先日ご紹介した、セネガルのおかゆ版バハル
これを少々かけながら食べてもおいしい。

さて、この油でつくる代表的なセネガル料理には、「スープ・カンジャ」がある。
(ごめんなさい、写真は次回に持ち越し)

カンジャとは、あの日本でもお馴染みのオクラで、このスープ・ドゥ・カンジャは、
このオクラをよ~く煮込んで粘り気を出し、牛肉や魚、さらに、アサリやえび等の魚介類、それに、「コン・フューメ」といって、見かけはおひげが2本生えていて、少し、ふぐみたいな「コン」という魚の燻製をいれたスープというか、ソースを白いご飯にかけて食す。

たぶん、魚介類が好きで、「ダシ」が「いい香り」と感じる日本人には、
あう味だと思う。おいしいソースができた暁には、胃に穴があいているかと思うほど、食が進む。

さて、スープ・ドゥ・カンジャのポイントは、この「コン・フューメ」の香りと、
そして、パームオイルの香り、とは、シェフ管理人の持論。
これらの香りなくしては、スープ・ドゥ・カンジャとは言わず、というほど重要な役割を果たす。

上の写真のHuile de Palme パームオイルはダカールで買った。

と、偶然、カザマス土産に▼パームオイルをいただいた。
20070314002933.jpg
▲写真では、わかりにくいが、先の写真は、ややオレンジがかっている。
これは、さすが、原産地だけあって、赤の色が強く、鮮やかで、香りももっと強い。

さて、先日12年ぶりにセネガルへ来たという、日本人の友人から教わった話だけど、これが精製されて透明なヤシ油が、ここダカールの大きなスーパーにあるそうな。

これで、オムレツを作ると、なんとも、かとも、いい香りがして、美味だそうじゃ。(昔話風になってきたぞ~)

もし、日本でこの精製されたパームオイル(ヤシオイル)を見つけたなら、
ぜひ、お試しを! 
そして、コメントくださいね♪









この記事のURL | 料理・お菓子・飲み物 | ▲ top
きゅうりの原産
Dakar, le 15/03/2007
野菜や魚の市場には、メイド引き連れて、自分で買出しに行く。
季節が感じられて、これがなかなか楽しい。

店頭、といっても、小さなテーブルや地面にビニールひいて野菜が並べられているわけだけど、「店主」と、今日は、いいのが入ってるね~、などと、限られたウォルフ語で会話するのが、なんとも面白いし、交渉をスムーズにさせる。そうです、値段は交渉です、ハイ。それも、大体はキロ単位です。

きょうは、アンちゃんいわく「コンコンブル・オリジネル」-- きゅうりの原産?-- をお買上。
concombre.jpg
▲英語では「キューカンバ」、フランス語は「コンコンブル」、日本語では、きゅうり。
実がしまっていて、味が濃くておいしい。
日本のきゅうりに近い。
普段のそれは、やや色が薄くて、実ももう少し、水っぽい。

実は、長さ30cm、太さ5cmほどある巨大きゅうりだ。

ちなみに、このコンコンブル・オリジネル、1キロ300cfa、
写真のが1本と半分で、日本円で60~70円くらいでした。

きょうの晩御飯は、野菜たっぷりサラダとガーリック・パンとしよう!










この記事のURL | 料理・お菓子・飲み物 | ▲ top
へ~イ! 新大統領ドノ!!
Dakar, le 15/03/2007
大統領に再選されたアブライ・ワッド殿。

下水管の整備や大きな道路の工事やら、中国やアラビア諸国からの援助で、大きなプロジェクトが次々と完工されて、やっぱりアブライ・ワッド殿でよかったのかも・・・、なんて、目にみえて国が動いている様子に、ある種、感動的だったワタクシでしたが、やっぱりこの発言撤回!

現在、お隣の国、ギニアを訪れている大統領殿。

「この国が抱えている、電気・水道の問題は、セネガルが解決いたします」とな!

ヘ~イ! アブライ・ワッド!! (呼びつけ)

人の国助けるのもいいけど、自分の国、もっとよく見ろよ!
(と、口調が荒い、わ・た・し)

最近、毎晩「停電」、今日は1日中「断水」のこの地域。

何とかしろ!!

イカリ心頭、血圧アップの私であります!








この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
勇気のいること・・・
Dakar, le 14/03/2007
本日、ウォルフ語が○×△の我が坊ちゃまと、フランス語が△×◇の
メイドのサーコを、お留守番にして、少々?不安がよぎるが、
我が夫婦は、ディナーのお呼ばれに出かけた。

20070319011748.jpg
▲写真一番左の濃い水色のブーブーを着た、デニス(セネガル名は、主人も忘れたそうです)が、ドイツから半年に1度くらい、セネガルにバカンスで帰ってくると、いつも、ディナーパーティが開かれる。

彼は、ドイツ人の奥様と2人の子供といっしょに、フランクフルトに住む。
ドイツ在住約30年。このご家族、来週に来セネガルだそうだ。

そのとなりの緑のブーブーのムシューBAもドイツ在住。
でも、家族は、ダカール。奥様は、ピンクの服の人の後ろで足だけ見える。

そして、そのピンクの人は、わたしも何回か触れたことがある、アイサト
リセ(高校)の先生だ。敬虔なモスリムで、気さくな方だ。5年ほど前に、教育関係のプログラムで選出されて、来日したこともある。東京、大阪、京都、名古屋、そして、青森と、学校を中心に訪れたそうだ。
プラスチックのお椀が、どうも日本的だったので、たずねてみれば、観光コースに入っていた100円ショップで、買ったそうだ。

そのとなりで、人差し指をだしているのは、アイサトのご主人、ジャロ。
主人とは、エジプトで大学、大学院とず~っといっしょで、ジャロはその後、フランスのボルソンヌ大学で博士号を取得した秀才だ。
現在は、ここダカール大学のアラビア文化関係の学部の助教授。

内緒だけど、(と、こんなに公に言ってるけど・・・)、
わがご主人様とは、親友兼飲み友達。

20070319012445.jpg
▲一番左は、我が主人ドノ。
わたしが胸に着けているは、親友のあきチャンが記念に作ってくれたビーズのペンダントヘッド。このほか、ゴールド、ブラウン、ブルー、ピンク、オレンジ、アカ、ブラック等と大小様々なサイズと色で、手作りしてくれた。鎖も、ゴールドとシルバーとあり、洋服に合わせて、自由に組み合わせができて、とても重宝している。
ありがと、明ちゃん。

さて、わたしの右となりのムッシューは、政治家で、ここのおうちの持ち主。
温厚な方で、セネガル人らしからず(?)、せっせと飲み物やら料理やらサービスしてくれる。

そのとなりのマダムは、このムッシューの奥様で、女性系の疾患を専門とするお医者さまだ。パリとダカールにクリニックを持ち、2週間ごとに行き来している。
気さくな方で、お料理がじょうず。お医者さまらしく、そして、セネガル人らしからぬ?生野菜たっぷりの前菜と、余分な油をそぎ落として、お肉をグリルする。

ba2.jpg
▲そのほか、コンゴ人で、パリ在住のお医者、やはりドイツ人の奥様と家庭を持つバールと、外国住まいが長い人がそろう。

さて、実は、ここの男性人、大きな声ではいえないけど、みな、ビールやらワインが大好き。特に、今日は、メインディシュが、牛肉だから、赤ワインがいける。

皆、仲間だから、各自アルコールを飲むことは承知しているが、それでも、こうして、モスリムが多いセネガル人を中心に、家に招待したときに、アルコールを振舞うことは、とても勇気がいることだそうだ。男性のみならまだしも、敬虔なムスリムの奥様を同伴の、こうしたパーティの場合は、特に。

わたしがいることが、ある意味、緩和剤になっているのかもしれない。
一度、だしてしまえば、それが、慣例になってくる。

わたしのみならず、この「飲んべ仲間」には、大きな声では言えないけど、
うれしい戒律破り?カナ・・・。







この記事のURL | 生活・暮らし | ▲ top
必要に迫られて・・・
Dakar, le 12/03/2007
ご期待に答えて(?)、また、メイドを変えました。

在セネガル3年と3ヶ月で、片手は軽く(5人ではありません、50人です)
途中で、カウントするのをやめたから、今や、7,80人は変えたかな~。
いや、もっとかもしれない。

このかいつまんで「メイドの歴史」を読みたい方は、我が家のメイド事情へ。

さて、今度のメイドさん。名前は、サーコ。

むっつりして話す人が多い中、めずらしく笑顔で話し、素直そう。
簡単にいえば、「村の人」って感じ?
sacco.jpg

と、本当に「村の人」だった。
ダカール育ちかもしれないけど、フランス語が、ほとんど ・・・。

どんなにフランス語を話さないといっても、「プワソン」-魚ぐらいはわかる。
でも、このサーコ、???

でも、お料理は上手だしな~。

は~、と、いうわけで、わたしのウォルフ語レッスンスタート。

10年ほど前から本棚に、大事に飾られているウォルフ語の教科書が、
いよいよ解禁だ。

まさに、言葉とは、必要に迫られて上達する。
この10日間で、ウォルフ語の語彙が増え、それなりに会話が成り立っているから、不思議だ。

その覚えたてのウォルフ語を他の人に試す・・・。
通じて、ほめられて、また、うれしくなって・・・。

でも、テキスト見るより、主人の「生き字引」に頼ることが多いから、
我がご主人殿、最近、このプライベイト・レッスンに少々お疲れのご様子・・。

わたしも、複雑なことを説明できないストレスに、いつまで耐えられるかな~、
あと1ヶ月後、どうなっているでしょうか???


ちなみに、サーコがもっている棒の先にあるものは、粒こしょう、にんにく、
たまねぎ。こうして、棒で餅つきみたいに、突いて、つぶして、調理味料にする。
これがなかなかいい香りを放ち、食欲をそそる。

今日の昼食は、バハル・ブートイ。
魚と野菜、そして、お米をやや大目のお水で炊く。
水の量加減で、日本のおかゆみたいに七分粥とか三分粥になり、
暑い夏には、胃にやさしい。

通常は、1つの大きなお皿に盛り付けて、それを囲んでみんなで食べます。
でも、「写真を」と、気がついたときは、具が、切れ切れであまり美しくなくて、と、
貧弱にみえるお皿に、言い訳・・・。

左上のネテトゥと、右上のビサップをご飯につけながら、食する。
このおいしさを、「お見せ」できないないのが、本当に残念です♪

では、ボナプチ!

20070313004440.jpg





この記事のURL | 我が家のメイド事情 | ▲ top
              ・キャンペーン中! 【500円全プレ付】自動車保険一括見積もり
| メイン |
blog design by fuul
Copyright ©ばんざい★セネガル       \(*^o^*) / @テランガの国 all rights reserved.
FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。